まずは査定額の相場を知る

長年使っていた(あるいは保管していた)自慢の腕時計を手放したくなるときがあると思います。

そして当然ですが、手放すのなら少しでも高値で買い取ってもらいたいものです。
 

watch
 

その為にまず始めに行うこと、それは、“自分の時計(査定額)の相場を知ること” です。
 

購入したときの価格と査定額とは違います。

購入したときよりも価値が下がっていることもありますし、逆に、思いもよらぬ高値で取引されていることもあります。
 

そして、その査定額の相場については、インターネットを使って調べることができます。


時計専門の “買取業者” のサイトを利用すれば良いのです。
 

  こちら >> 時計買取専門/バイセル
 

買取業者では、当然ですが買取の前に見積もりを行ってくれます。

この見積もりに関する料金はいっさいかかりません。
 

インターネット(パソコン)での操作が苦手な人は、直接電話をかけることもできます。
 

「いくらで売れるのか分からない」「どこに売ればいいのか分からない」というような方は、まずは、目に留まった買取業者に見積もりを依頼するところから始めるのがよいのではないでしょうか。

 

 

腕時計の売り先は大きく4つ

腕時計の売り先としては、大きく「時計専門店」「リサイクルショップ」「質屋」「オークション」などが考えられます。
 

■ 時計専門店

時計専門店は、経験と知識が豊富なことが特徴です。

特に “限定モデル” など、他ショップでは見落としてしまうような情報もしっかりと評価してもらる点が、安心できると言えます。
 

■ リサイクルショップ

リサイクルショップでは、時計以外のブランド品や家具、家電など幅広い商品を取り扱っていることが特徴です。

ただし、時計専門ではないので、カジュアルな時計や人気のモデルならまだしも、高級ブランドの腕時計などを持ち込むことはあまりお薦めできません。
 

■ 質屋

質屋はリサイクルショップとは違い、目の肥えた鑑定士がいることが特徴です。

とは言っても、その鑑定士のレベルに差があることも事実です。

売るかどうか迷っているようなときに、一時的に「質預け」をするような利用方法が意外と良いのかもしれません。
 

■ オークション

「ヤフオク」などのネットオークションは、ショップに売るよりも高値で売れることがあるのが特徴です。

ただし、必ずしもショップよりも高く売れるというわけではないので、その覚悟は必要です。

幾つかの時計専門買取業者などで、あらかじめ相場を調べておいて、一番安い(あるいは高い)査定額を最低落札価格に設定するのも一つの方法です。

 



 

腕時計を売るときのポイント

腕時計を売りに行くときに注意しておきたい幾つかのポイントがあります。
 

■ 付属品もすべて持っていく

購入したときに付属していた箱やメーカーの保証書、取扱い説明書など残っているものは全て持っていきます。

特に、時計バンドの長さ調整をしたときの余りは重要です。金やプラチナの場合は、それだけで高い価値があるからです。
 

■ きれいな状態で持っていく

ショップでは買い取った腕時計をクリーニングしてから販売に回します。

ですので、持ち込む前にクリーニングをしておく必要はないわけですが、査定時の心象を良くするためにも、ある程度はきれいな状態にしておくべきでしょう。

ただし、研磨などまでしてしまうと逆に価値が下がってしまいますので、注意が必要です。
 

■ 実績店を選ぶ

少しでも高値で引き取ってもらうためには、実績の多いお店を選ぶことがもちろん大切です。

ブランドや商品名だけでなく、年式やモデルの違いなどが見抜けること、また、海外の事情などにも精通している専門店であれば、なお安心できます。

 

 

 

© 2018 無料一括見積もりサイト rss